FC2ブログ
 
すみれの蕾 仁義なき乙女 恋恋三昧
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
【ブロードキャストを突っ走れ!】杉田×遊佐
ただいまドラマCD強化月間中ですΣd(ゝ∀・)
ということで、昨日はこれを聴いてみましたよ。

bl.jpg
■ブロードキャストを突っ走れ!■(2006年5月25日発売)
杉田智和×遊佐浩二/石川英郎×真殿光昭/宮田幸季
新人アナウンサーの早川拓(杉田)は持ち前の明るさを発揮して看板情報番組「ブランニューデイ」のレギュラーに大抜擢されたはいいものの、いまだ指導係で先輩アナウンサーの北岡観月(遊佐)に叱られてばかりの毎日。ある日拓はブランニューディの担当コーナーで若手狂言師・久納卯月(石川)をゲストに迎えることになったのだが、番組収録後、観月と久納卯月が楽屋で話している所を目撃し…。
[評価]★★★☆☆

このCD、まずなにがイイかって遊佐さんの京都弁が聴けるところです゚+.(・∀・)゚+.゚
本場もんの京都弁ですよ~vv
(※フルに京都弁なわけではなくて、感情が高ぶった時などに出てきます。)
ただ、ストーリーとしては展開がいまいち…。
過去の出来事がキーワードとなっているのですが、過去の回想シーンを入れる場所を間違えている気がします。普通回想シーンというと、登場人物が「あっ!」と思い出した時に入るものですが、これはその普通入るべきところに回想シーンが入っていないため聴き手が何のことだかわからないうちに話が進んでしまい、解決してから回想されてやっとわかる状態なので微妙です(^^;)
そして主人公の恋愛感情の発芽がいきなりすぎて「えっ?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)」という感じも(笑)
けれど締めが格好よくて、そこは気に入りましたv

若手狂言師の兄弟の石川(弟)×真殿(兄)のほうは急にコメディー色が強くなり、メインの二人とはちょっと違う雰囲気。個人的にこちらのカップリングのストーリーのほうが石川さんの演技が光っていて面白かったです(笑)でも真殿さんの受けは苦手なんだよぅ…orz
宮田さんは相手は出てこないのですが、設定では一応攻めの様子。
これがまた黒さが見え隠れしていて素敵な演技でしたヨv(ノ´∀`*)b
宮田さんはやっぱり攻めが聴きたいですー!

収録は半々という感じ…むしろ後半の方が長く感じたような?
メイン二組のカップリングに共通するのは年下&ヘタレ攻め、ツンデレ受けって所でしょうか。
ラストのコメントは会話方式ではなく一人一人感想を述べていく形なのですが、各自のコメントがなかなか面白く、特に遊佐さんのコメントには噴出してしまいますよ(笑)

お金に余裕があって遊佐さんの京都弁をお聴きになりたい方にお薦め。

よろしかったらポチリとお願いしますvヽ(=´▽`=)ノ
スポンサーサイト

テーマ:腐女子の日記 - ジャンル:アニメ・コミック

【2006/06/06 00:59 】
ドラマCD | コメント(0) | トラックバック(0)
<<18禁乙女ゲー【月ノ光 太陽ノ影】全クリア | ホーム | 神谷浩史ゲストトークショー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kistunebi.blog29.fc2.com/tb.php/330-7959639a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。